『サイバーパンク2077』のゲームプレイ動画公開・日本語吹き替えありなど最新情報・感想・ネットの反応まとめ

RPG, 注目最新情報サイバーパンク2077

ウィッチャーシリーズで有名なポーランドの制作会社CD Projekt REDは最新作の『サイバーパンク2077(Cyber Punk 2077)』のゲームプレイ動画をついに初公開しました。

 

『サイバーパンク2077(Cyber Punk 2077』の最新情報まとめ

  • キャラクターはバック背景から作成可能。後のストーリーに影響される。
  • オープンワールドで好きにストーリーを進められる。
  • キャラクターのスキルの有無により攻略法を変えられる。
  • あくまでRPGでありプレイヤースキルは重要じゃない
  • 日本語吹き替えあり
  • 日本版には規制はあり。相応の変更は入るが、変更点は可能な限り少なくする。
  • 基本一人称視点のゲームではあるが、車の運転やカットシーンでは3人称視点となる

感想

動画視聴前からFPSであった事は分かっていたが、オープンワールドRPGでここまで、「コールオブデューティー」のようなスピード感のあるFPSである事が驚き。また装甲を剥がしたり、敵の気配をスキャンしたりと、どこか「ホライゾンゼロドーン」のような部分も見えた。

さらに「フォールアウト4」のような多彩キャラメイク、多彩な選択肢、それによって変わる世界への影響。そして「ウィッチャー3」のような枝別れするストーリー。「ボーダーランズ2」のような多彩な武器、カスタム。「グランドセフトオート5」のような作りこまれた街並み。

ここまで色々なゲームに例えたが、このゲームがいかにプレイヤーが面白いと感じる良いところに目をつけているって事がハッキリ感じた。

まだ一部の映像だろうから、この先の新動画が楽しみで仕方がない。

ネットの反応

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント