『デスティニー2 孤独と影』追加要素・ストーリーまとめ。成功の鍵はギャンビット

FPS, ゲームノワダイデスティニー2

バンジー開発のアクションシューティング『Destiny 2』で、2年目となった今作に新たなエクスパンションパス(拡張コンテンツ)“孤独と影”が発表された。2018年9月4日に配信予定。

孤独と影”をプレイするには、『Destiny 2』本編と拡張第1弾と第2弾が必要となる。

孤独と影とは

 “孤独と影”では、小惑星帯のリーフを舞台に、新たなロケーションとして“入り組んだ岸辺”や、“夢見の都市”などが登場予定。ケイド6が“エルダーズ・プリズン”に閉じ込めていた8体の“バロン”と呼ばれる危険人物たちの追跡と、アウォークンの秘密にまつわるストーリーが展開される。

新システム・新武器

新たな武器タイプである弓矢が誕生する。短距離/中距離/長距離用があり、一発が強力な威力をもつそうだ。

武器システムも大きく変更され、それぞれの武器スロットには今までに無いものを装備可能となっている、(例えば3スロット全部にショットガンを持つなど)

そのほか、待望のドロップする装備が再びランダム性を持つようになったり、MODシステムもアップデートされる予定。

また、必殺技であるスーパースキルも新たに9種類が追加される。

新PvPモード

そして今回の拡張コンテンツの肝であるPvEとPvPがミックスされた新対戦モード“ガンビット”

このモードは4対4の対戦モードでPvPとPvE要素がミックスされたもの。両チームのフィールドは分かれており、まずは双方のフィールドで敵クリーチャーを倒していき、ドロップしたカケラを集めていく。

集めたカケラは最大15個持つことができ、5の倍数持つ事で納品することができる。最終的なゴールは、カケラを75個納品して強力なボスキャラクターを召喚し、倒すこと。

カケラを納品すると相手チームのフィールドに敵(ブロッカー)を送り込むことができ、相手チームはブロッカーを倒すまで納品が行えなくなる。どこか『テトリス』や『ぷよぷよ』の様な要素に思える。

さらに納品数が25個または50個に達した時は、ひとりのプレイヤーが一定時間、又は死ぬまで相手フィールドに侵入する事ができ、直接妨害する事ができる。

成功の鍵は新モード”ギャンビット”

デスティニー2はネット上で賛否の別れる評価で、半分以上の方がこのゲームから去っていってしまった。今では人口は全盛期と比べて大きく減少してしまい、開発元の「バンジー」はこの拡張コンテンツにかけているでしょう。

特に新モードの『ギャンビット』は今までのFPSにはありそうでなかった全く新しいゲームモードであり、このモードの評価が良ければ人口回復もすぐでしょう。

この『ギャンビット』が新たな王道モードになり得るのか見ものです。

まとめ

今回の拡張コンテンツは開発元はかなり気合いを入れている模様で大いに期待できるかと思います。もう一度「全てを超えるゲーム」を体験させてくれるでしょう!

最後に今回のまとめです。

・8体のバロンたちを討伐する新しいストーリー

・新たなロケーション『入り組んだ岸部』『夢見る都市』

・新たなレイドモード

・新PvPモード『ギャンビット』

・9種類の新スーパースキル

・新エキゾチック武器、アーマー、装備追加

・新武器種『レジェンダリーの弓』

・その他新アドベンチャー、ミッションなど

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント