ファイアーエムブレム風花雪月のゲームシステムの紹介・解説【FEHS】

RPG, 注目最新情報ファイアーエムブレム風花雪月

この記事では、ファイアーエムブレム風花雪月(ふうかせつげつ)の現在判明しているゲームシステムを紹介したページとなります。
*発売前情報なためリリース後のゲームシステムと異なる場合がございます。

基本ゲームシステム

ファイアーエムブレム風花雪月の基本的なゲームシステムはFEシリーズ伝統のマス移動方式のタクティクスゲームであり、いわゆる『シュミレーションRPG』の分類です。
また3つの学級が舞台となり、プレイヤーはその内の1つの学級を選び生徒達を育成する『先生』として戦いでの勝利を導いていくものとなっています。
戦闘では従来の戦い方での戦略の他に、日常生活での生徒達との『』によって発生する技などがあり、今まで以上にプレイヤー次第で戦略の幅が広がるようになっています。

3つの学級

黒鷹の学級(アドラークラッセ)

3つの学級のうち唯一の女性「エーデルガルト」が級長を務める学級。

青獅子の学級(ルーヴェンクラッセ)

王国の王子「ディミトリ」が級長を務める学級。

金鹿の学級(ヒルシュクラッセ)

同盟のリーダー格である「クロード」が級長を務める学級。

戦闘システムと育成要素

戦略システムはユニットの特徴や地形、敵との相性などを考慮してマスを進んでいく戦略的なタクティクスゲームとなっています。

プレイヤーは先生として生徒達の指導を行い、武器の扱い方や魔法の習得などあらゆることを伝授させる事ができます。

また生徒たちとは日常生活の中で共に食事をしたり、協力して課題に取り組んだりとすると『絆』が深まり、戦闘中に『連携計略』といった特殊なスキルが発動するとの事です。

ファイアーエムブレム風花雪月の発売日は2019年7月26日になります。