FPSでキルレ1以下の人がキルレ2まで上達する10の意識

FPS, 攻略情報FPS上達

近年日本でもFPSゲーム(ファーストパーソンシューター)の人口が増加し、初心者でも入りやすいゲームが出た事から昔と比べかなり浸透してきたと思います。

でも、やはりまだFPSは他のゲームと比べると少し難しく、上級者と初心者の差の激しいゲームかと思います。上級者と当たってフルボッコな試合展開なんてなると「なんだこの糞ゲーは」ってなって、せっかく楽しいはずのゲームもストレスになってしまいますよね。

でもなぜか続けてしまうのがFPSの面白さww

今回はそんなボコボコにされ悔しい思いをしてこられたあなたに!もうそんな気分にならないように!『FPSで上達する10の意識』を教えます!

そもそもFPSとは

ファーストパーソンシューター『First Person Shooter』の略『FPS』です。

シューティングゲームの一種で主人公の目線(一人称視点)でゲームの中を移動し、武器又は素手などで戦うゲーム。

現代で『FPS』と言ったら大半が銃を使用し撃ち合うゲームが主流。

FPS上達のための重要な用語

初めに話しが分かりやすくするために覚えておいた方が良いFPS用語を紹介します。

ADS

「Aim Down Sight」の略。武器についているサイトを覗いている状態のこと。

例)出会い頭はなるべくADSしておこう。

リコイル

銃を撃った時の跳ね上がりのこと。

例)この武器はリコイルコントロールが難しい。

クリアリング

自分の位置の周囲を見る事。

センタリング

真ん中に視点を戻す事。

リスポーン

キルされた後の「復活」「復活地点」を指す

例)相手のリスポーン位置が変わった。

芋(いも)

ずっと同じ場所(有利な位置など)に居座っている事。

他にも色々な用語はあるがこの記事ではこれだけでも良いので覚えておいて欲しい。

FPSで脱初心者になるための8つの基本

お待たせいたしました。ここからが上達するために重要な話しです。まず始めに言っておく事は「FPSは基本的には練習あるのみ!」です。でもただ単に練習するよりも意識しながら練習する事で差は激しくでます。

そこで今回はその意識すべき重要な事柄を8つ説明していきます。

1.走らない。

FPSって基本的にとの距離が遠い場所からスタートして、キルされるたびに1番奥からリスポーンして、走りたくなる気持ちはわかります。でも何も考えずにただ敵の位置まで走って向うぞ!って人は接敵したら必ず打ち負けます

これにはしっかりと理由があり、走っている時、歩いている時、止まっている時のADS速度に小さな差があるんですよ。走っている時が最も遅く、その小さな差が命とりになります。

なのでFPSでは敵の居そうな場所では必ず歩くのは基本中の基本です!これだけで出会い頭は相当強くなります。

2.常に動く

これもFPSでは基本で、絶対に芋らない

「歩いて常にその辺うろちょろ動いてって的じゃん」って思った方、焦らずもう少し読み進んで下さい。

もちろんその辺をトロトロ動き回ってたら的ですよwそうでは無く、絶対に芋らないと言うのは実際の意味は同じ場所に止まらないって意味です。強位置を確保してそこで応戦する事はめちゃくちゃいい事で、もはやそうすれば負けません。ただ2.3人倒したら、大体のFPSにはキルカメラってのがありますから、貴方の位置バレバレです。そして発泡音からも付近の敵にはバレバレです。なので2.3人倒したら、又は数回発泡したら、その位置からはすぐに動くのが大事です。

強位置を取り、1.2人倒しすぐ他の強位置に移動!また倒し他に移動、移動中は走り過ぎず敵を意識!!

この1.2だけでもキルレ1はいきますね!

3.センタリング

FPSでは常に大きなレティクルが写し出されてると思います。そのレティクルを常に画面の中央に置いとくのは咄嗟の撃ち合いにかなり有利です。

初心者の人は上や下を向いて移動しがちなので、このレティクルのセンタリングを意識するだけでプレイしやすくなると思います。

4.カニ歩き

カニ歩きとは横移動の事です。ここで言う横移動はADS中の時の横移動になります。

また先の1.2.3がしっかりとできてるという前提で話します。

このカニ歩きがなぜ大事かというと、実はFPSでは無意識でかなり多様しているからです。

撃ち合い時にスティックを倒せばもちろん横移動されてますし、出会い頭などで構えながら歩いていればそれも自然と横移動になっています。

この2種類のカニ歩きを意識的にすべき場面でするとかなり立ち回りが有利になります。

5.マップを覚える

脱初心者で最も重要なのはマップを覚える事です。またただマップを覚えるだけで無く、「強位置はここで、この角度からなら敵は気づきにくいな」とか「この先は良く敵と出くわす場所だから一呼吸置いとくべきだ」とかマップによって戦術を立てれる様に覚えていくのが大事です。

1~4の意識を最大限に生かすにはこれしかありません!

6.クリアリング

1~5まで出来ていれば、ある程度脱初心者してきたでしょう。次に意識すべきは、クリアリングの質を高める事です。

自分の周囲の障害物や壁の頭出しポジションを的確にクリアリング。また壁や障害物からより遠くからクリアリングを意識する事で先に相手を画面に映す事ができ、もし接敵した時に早く気付く事ができます。

7.ミニマップを良く見る・裏どり

これは上級者は必ずやっている事です。ミニマップは何秒かに一度必ず確認してどこに敵がいるかを常に把握しときます。また味方の位置も把握しとく事でどこで撃ち合いが起きるのか予想がつきます。それを利用して素早く相手の裏をつけば2.3人は簡単に倒せます。

ただし注意して欲しいのが1~6で話した基本を無視して、走り込んだり、ADSしとかなかったりと初心者はやりがちなので、基本ありきの戦法だって事を忘れずに!

8.武器の情報

これは簡単です。どの武器がどの距離に強いかを知っとく事は立ち回りも変わってくるので調べとくべきです。

初心者はこれが大事だと思っているみたいですが、あくまでこれは補助的な役割です。しつこいようですが基本ありきなので

ここまでてきてやっと初心者ではなく中級者でしょう!上級者になるためには本当に感覚でこれら全てをこなし、さらに様々な応用までもこなしていけるレベルです。

最後に応用として3つの技を紹介します。

上級者はやっているFPSの3つの応用技

偏差撃ち・先撃ち

偏差撃ちはFPSで弾道、弾速の概念があるのならとても有効な技です。例えば左に走っている相手に撃っても走り抜かれて当たらないので、あらかじめ走っている先の方向に撃っておくという技です。

先撃ちはミニマップなどに映った敵が壁の向こう側だったら、先に撃ちながら体を出せばほぼ先に球を当てられるので有利になります。

ジャンプ撃ち・伏せ撃ち

これはその名の通り、ジャンプしながら伏せながら撃つって事です。ジャンプにより相手を惑わす程度にしかなりませんけどw

注意は必ず同時にです!”ジャンプしてから撃つ”だと普通に撃ったほうが強いですw

まぁこれは器用な技なので無理に習得しなくても全然勝てます。

揺動

これはフラグやコンカッションをおかしな位置に投げ、相手に自分の位置を錯覚させる事です。

また一発撃ってミニマップに自分の存在を知らせて、すぐに隠れて現れた相手を強位置から仕留める。などの戦術です。

以上が『FPSでキルレ1以下の人がキルレ2まで上達するの10の意識』です。

少しでも参考になれば幸いです。頑張って脱初心者になって下さい!!

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント

FPS, 攻略情報FPS上達

Posted by KT