【ニンテンドースイッチ】ライト版と通常版の違いは?おすすめはどっち?【任天堂Switch】

ゲームノワダイニンテンドースイッチ

この記事では任天堂が新しく発表したNintendo Switch Lightについて、従来のNintendo Switchと何が違うのか?どちらがおすすめなのか?比較と一緒に説明していきます。

スイッチとスイッチライトの違い


通常版(Switch)ライト版(Switch Light)
大きさ縦:102mm/横:239mm/暑さ:13.9mm/重さ:約398g縦:91.1mm/横:208mm/暑さ:13.9mm/重さ:約275g
液晶サイズ6.2インチ/1280×720ピクセル5.5インチ/1280×720ピクセル(TVモード:1920×1080)
保存メモリー32GB32GB
バッテリー持続時間バッテリー持続時間:約2.5 – 6.5時間バッテリー持続時間:約3.0 – 7.0時間
HD振動ありなし
IRモーションセンサーありなし
価格29,980円(税抜き)19,980円(税抜き)

見た目の違い

カラーバリエーション

  • ターコイズ
  • グレー
  • イエロー
  • その他(ポケモン仕様など)

Joy-Con無し

通常版はSwitch専用のコントローラーのJoy-Conを取り付けられりが、Light版では本体と一帯になっている。

ボタン

方向ボタンがボタン(通常版)から十字キー(ライト版)に変更。

使用シーンの違い

TVモード

Nintendo Switch Lightは携帯モード専用機なためTVに映し出す事は出来ない。

遊びに制限がある

HD振動やIRモーションセンサーが非対応なため遊び型に制限がある場合がある。またJoy-Conに関しては付属されていないので別途で購入する必要がある。

(制限に関してはパッケージの裏面などに表記されているので要チェック。)

どっちがおすすめ?

最後に個人的な見解ではありますが、どっちのバージョンがおすすめかを語らせて頂きます。

スイッチライトは従来のバージョンと比べてスペックはほぼ同じでありながら、画面が小さくなり遊び方に制限が出来ます。その代わりに少しだけ小型になり持ち運びやすくなるといったメリットもあります。

ただ持ち運びや携帯モードにそこまでこだわりのない方はTVモードと携帯モード両者を備えた通常版の方が圧倒的におすすめできます。

もはやNintendo Switchの良さがこのモードチェンジ(Switch)にあると思っているのでそれを無くしたライト版はどうなのかなー?と思ってしまいます。

ただライト版では重さが大きく変わるので持ち運びがしやすく、持ってゲームプレイもし易くはなるかと思います。3DSやPSVITAなどが好きな人には値段のこともありライト版の方がおすすめなのではないでしょうか。


以上がスイッチとスイッチライトの違いは?おすすめは?【任天堂Switch】でした。少しでも参考になって頂けたら幸いです。

下記は任天堂スイッチ(オリジナル版)です。

任天堂スイッチライトは本ページ上部にあります。