PS5など今後のゲームはどう進化していくか考察。

ゲームノワダイPS5

こんにちは。『ゲームノワダイ』のKTです。

今宵はゲーム業界の景気がよく、全世界でも業界が大きく盛り上がっている感じがします。e-スポーツ(ゲームの競技)がオリンピックの種目化されるかもしれないと言われています。(もう決定した?)

そこで今回は『今後ゲームはどう進化していくのか』考察していきたいと思います。

まずある記事を見ていただきたい。

Googleが開発中とささやかれているChromecast向けのゲームストリーミングサービス「Yeti」と共に本格的にゲーム業界に参入する可能性があり、実際に世界最大級のゲーム見本市であるE3 2018でGoogleが多くのクリエイターやハードウェア開発者をヘッドハンティングしていた、とKotakuが報じています。

Sources: Google Is Planning A Game Platform That Could Take On Xbox And PlayStation
https://kotaku.com/sources-google-is-planning-a-game-platform-that-could-1827217387


Kotakuは、Googleのゲーム計画について「積極的に求人をかけたり、企業を買収したりすることで、ゲーム開発者をGoogleの傘下に置こうとしている」「何らかのストリーミングプラットフォーム」「何らかのハードウェア」という証言を複数の関係者から得たと得られたとしています。このうち、「何らかのストリーミングプラットフォーム」というのは、以前よりGoogleが独自に開発を進めているとウワサされていた、Chromecastで動作するゲームストリーミングサービス「Yeti」であると思われます。

GoogleChromecastを使ったゲームストリーミングサービス「Yeti」を準備中か – GIGAZINE


クラウドゲームをストリーミングプラットフォームで提供することに興味を示しているのはGoogleだけではありません。2018年6月にロサンゼルスで開催されたE3 2018ではMicrosoft・EA・Ubisoftがゲームストリーミングに言及していました。Yetiが具体的にどのようなストリーミングプラットフォームなのかはまだ分かっていませんが、貧弱なスペックのコンピューターでもハイエンドのゲームを楽しむことができるようになるのを手助けするものだろうとKotakuは推測しています。

Microsoftがゲームストリーミングサービスを計画中と発表したり、Nintendo Switchでもクラウドゲームが増えていくと報じられている通り、家庭用ゲーム業界でもゲームストリーミングサービスの流れが大きくなりつつあります。今回、ハードウェア開発のウワサと共にゲームストリーミングサービスの開発に向けGoogleが本格的に動き始めていることから、KotakuはGoogleがMicrosoftやソニーとライバルになる可能性もあると示唆しています。


クラウドゲーミングのストリーミングプラットフォームを構築するには、とにかく丈夫で早い回線とサーバーを提供しなければなりませんが、Googleは他のゲーム会社には用意できない帯域幅や大量のサーバーも準備できる点が圧倒的な強みとなると考えられます。ただし、Googleが他のゲーム企業を出し抜いてトップに君臨するためには、Googleのプラットフォームにキラーアプリとなるゲームタイトルを用意しなければ厳しいだろうという見方もあります。実際にGoogleは、E3 2018の開かれたロサンゼルスで会議を行い、ゲーム開発者のヘッドハンティングだけではなく、開発スタジオも傘下に入れようとしたそうですが、Googleはこの件についてコメントは出していません。

一方、Googleが開発しているといわれているハードウェアについては具体的なことはまだ何も分かっていませんが、Kotakuが得た情報によると、PlayStationやXboxでトップマネージャーを務めたフィル・ハリソン氏の他にも、MicrosoftやソニーでPlayStationやXboxといったゲームハードの開発に携わったエンジニアを多く雇用しているとのこと。クラウドゲーミングに特化したハードウェアを開発することで、果たしてGoogleが現行の家庭用ゲームハード機器と真っ向から勝負に出るのかが注目されます。

https://gigazine.net/news/20180703-google-game-console-platform/この記事には要約すると、Googleのゲーム業界参入、ストリーミングのメイン化と書いてあります。

世界的企業のGoogleの参入により業界全体のレベルが上がるのは間違えなく、それに対してSONYやMicrosoftは比較的低価格のゲーム機をリリースしてきたがこの先、各自個性を持った性能へスペックアップする必要性が出てきています。

SONYやMicrosoftはゲームのVR化に力を入れていますが、恐らく上手くいかず、現役のPS plusなどのサービスのグレードアップ版が来るんじゃ無いかと思います。そこにも理由があり、業界全体がストリーミングに注目しているのは明らかであり、SONYやMicrosoftの既存の成功したサービスに手を加えて確実に顧客を逃がさず現状維持したいはずだからです。

なのでSONYやMicrosoftはPS plusなどに何かしら新しいサービスを追加するのか、または全く新しくサービスを展開するか、はたまたPS Nowなど のままストリーミング事業を展開させるのか、確実に近いうちに新たなサービスができると思います。それがPS5やXBOX Twoでも。

今宵、ディスク版が無くなりそう、中古店が衰退と家荒れていますが、恐らくこの先、ゲームを”買う(ダウンロード含め)”ことがナンセンス、ゲームは一つのサービスになっていくでしょう。

最後に皆の望むVR化などはまだまだ先の話になりますので過度の期待は禁物です。


いかがでしたか?皆様はどのように予想しますか?

PS4なども売り上げ折り返し時点を辿り、次世代機の噂もぼちぼちあり、この先どんなゲーム機が出るのか楽しみで仕方がありません。

今はPS4で楽しめるだけ楽しんで、次世代機を待ちましょう。

*この記事は個人の考察にすぎません。

ゲームノワダイPS5

Posted by KT