皆んなが思うリメイクしてほしい過去の傑作ゲーム 10選

ゲームノワダイリメイク

最近カプコンやスクエアエニックスを初めにゲーム業界では”リメイク”が流行っているように思えます。

『バイオハザード2』や『ファイナルファンタジー7』など過去の傑作を現代の技術でプレイできるのはファンにとっては最高で、良い流れなんじゃないかと思います。

でもまだまだ過去には数多くの傑作ゲームが生まれ、いつの日かリメイクされて現代の美しいグラフィックでプレイをしたい!ってゲームがたくさんありますよね。

そこで『今回は皆んなが思うリメイクして欲しい傑作ゲーム』についてまとめてみました。

バイオハザードアウトブレイク

2003年にカプコンからプレイステーション2に発売されたホラーアクションアドベンチャー。

「バイオハザード」とら繋がりのある番外編。このゲームは基本的システムは当時の「バイオハザード」と同じでオンラインcoopが対応していた。

今ではオンラインなんて当たり前でなんでこのゲーム?って思いますが。

このゲームがリメイクを望まれている理由は舞台がシリーズの代表的な舞台「ラクーンシティ」だったからです。

ラクーンシティの惨劇を一般市民の目線で脱出するこのゲームを現代の技術で蘇ってくれないかと心待ちにしている方がたくさんいます。

鬼武者

こちらもカプコンからプレイステーションに発売されたアクションゲーム。

ダーク戦国系アクションの原型であった作品。

鬼や幻魔などを題材にしている、最近で言う『仁王』みたいなゲームでした。

当時のカプコンは世界的に最高レベルのゲーム会社で傑作を数々と発売してきました。その代表作のひとつがこの『鬼武者』で、当時の技術で無双系ゲームのようさザクザク感や爽快感を取り入れた唯一無二のゲームでした。

シリーズは2006年くらいまで続いていたのですが、その頃からパチンコやスロットなどに移植をし始め、現代では悲しくもパチンコのイメージの方が強くなってしまった。

この今のリメイクブームにのってこの傑作もリメイクして、ちゃんとしたゲームだってのを証明してほしいですね。

2018年12月20日にリメイク版発売決定!!

ディノクライシス

またまたカプコンから発売されたサバイバルホラーゲーム。一応分類はホラーだか怖い要素はなく恐竜が登場し、システムがほとんどバイオハザードと似ていたため『恐竜版バイオハザード』と言われていた作品。

個人的にはPS4に本格的に恐竜を題材にしたゲームが少ない事から、このゲームこそ現代に復活させるべきゲームかと思っています。

この作品の恐竜たちは豊富で、バイオハザードとはまた違う怖さがあり、その表現を今のグラフィックで表したら圧巻な映像が完成するだろう。そう想像している人も少なくないはずだと思います。

モンスターファーム

1997年にPC用ゲームとして発売されたゲーム。「CDからモンスターが出るゲーム」と謳っておりかなり斬新なゲームであった。実際にCDをHDに入れると新しいモンスターが生まれた。

システムは「ポケモン」や「デジモンアドベンチャー」などの育成ゲームのようなシステムで、当時そういった育成ゲームはブームの真っ最中で代表的な育成ゲームの一つであった。

数年後プレイステーションに第2作目が発売されその出来前はシリーズ最高傑作と言われるほどだった。

現代PS4を初め目立った育成ゲームが少なく、ここいらでこの作品をリメイクして再び育成ゲームブームを巻き起こしてほしいところです。

サルゲッチュ

ソニーから1999年から発売されているプレイステーションの代表的なゲーム。

このゲームは「ピポザル」と呼ばれる猿をプレイヤーがひたすら確保するという内容のゲーム。

「ピポザル」は「クラッシュ・バンディクー」や「パラッパラパー」などと一緒で初代プレイステーションからずっとPSの代表的なキャラクターだったが、いつの間にか姿を消していて、ネット上では完全に消滅したのか不安の声があがっている。

リメイクされ「ピポザル」の生存を確認できる日はくるのでしょうか。

ウィッチャー

2016年世界で最も評価されたウィッチャー3は日本でもかなり評価が高く、プレイした人は多いでしょう。

だがあれだけ素晴らしいゲームなのに、前作をプレイしてないため、内容のわからないとこがあるって人はかなりいるはずです。

それもそのはず第1作目と2作目は2008年にPC用ゲームとして発売されたが、評価はいまいちで全く売れなかったのです。

だけど現在ウィッチャー3でこのシリーズを知った方にとっては今1,2作目をリメイクしてコンソール版として遊べたら大喜びでしょう。

メタルギア

このシリーズは1作目から最後の5作目まで物語が繋がっているため、5作目がPS四に発売された時には大半の人は物語がわからずにプレイしたことでしょう。

またあれほどの人気作品を過去の傑作で終わりにしてしまうのはもったいないし、メタルギアのファンは確実に現行機、または次世代機で全作品のリメイクを待っているでしょう。

キングスフィールド

1994年にプレイステーションに発売された当時のフロムソフトウェアの代表作の一つ。

このゲームは当時では珍しくターン制のJRPGではなくFPS視点でのリアルタイムバトルのRPGであった。だが当時のRPGと行ったら「ドラゴンクエスト」や「ファイナルファンタジー」のようなターン制RPG一択の時代であって、このゲームは不評であった。でも海外では当時からFPSが主流だったため海外では好評でした。

現在は日本にも「スカイリム」などを初めにFPS視点のリアルタイムバトルも認知され評価されてきている時代なので、今ノリにのっているフロムソフトウェアなら傑作と呼ばれる作品にリメイクできるのでは。

アーマードコア

1997年に第1作目が発売されたフロムソフトウェアの有名になった要因のゲームであり、最も代表的なシリーズ。

古くから(現代でも)日本ではロボットゲーム人気で、その競争率は激しかった。その中でも一部のロボゲーファンからは「アーマードコア」がNo. 1だという声がある。

実際にフロムソフトウェア特有の難易度が今作にもあり、その壁を超えた人から絶賛されてているという「ダークソウル」シリーズと同じ流れでしょう。

なので今だに根強いファンからはリメイクの声が聞こえているようだ。

ロマンシングサガ

1992年スーパーファミコンに発売されたRPG。

今では当たり前のように使われているフリーシナリオシステムを始めて採用したゲーム。当時では自分次第でゲーム内の状況が変わるなんてありえないと思っており実際に体験した方はなんとも言えない感動を体験したでしょう。

今でも歴史に名を残している傑作をもう一度プレイしたいって方が一定数いるみたいですね。

もしリメイクされたら息子にプレイさせたいゲームNo. 1でしょう。

 

 

以上リメイクしてほしいと思っているゲームでした。

最近もしあのゲームが今の技術で作ったらこんな感じかなって想像するのがマイブームですww

ゲームノワダイリメイク

Posted by KT