【隻狼/セキロ】裏ボス『怨嗟の鬼』を倒せない人へ効率の良い倒し方・攻略方法【SEKIRO】

2019年4月3日Action, 攻略情報隻狼

このページは『隻狼(セキロウ/SEKIRO)』の内府襲来時のラストパートで『怨嗟の炎(大手門)』で戦う事が出来る最強の隠しボス『怨嗟の鬼』を倒せない方へ、攻撃パターンや攻めのタイミングなど効率の良い倒し方などの攻略方法を紹介した記事となります。

是非『隻狼(せきろ)』の攻略の参考の一つとしてみて下さい。

怨嗟の鬼の場所への行き方はこちら

『怨嗟の鬼』の出現場所

 内府襲来時の荒れ寺手前の鬼仏(大手門・怨嗟の炎)

『怨嗟の鬼』の攻撃パターン

☆の場所は要注意。

つっぱり 正面への打撃攻撃。右前ステップ回避からチャンス。
踏み付け 大きく踏み付けるパターンと、細かく複数回踏み付けるパターンがある。どちらも右前ステップ回避。
薙ぎ払い 1~3回の薙ぎ払いからの他攻撃がくる。回避を連打して様子見。
☆大ジャンプ 大きくジャンプしたのち爆炎とともに落ちてくる。ダッシュで離れてからジャンプ回避。その後鉤縄で復帰。
突進(危) 突進してくる危険攻撃。必ずジャンプ回避を
☆火の玉(5個横に) 火の玉を横に5列並べて投げてくる。距離をあらかじめとっとく。
☆火の玉(追尾) 追尾型の火の玉を一つずつ投げてくる。ダッシュで逃げる。
☆炎(一直線) どでかい爆炎を一直線に発生させる。ダッシュジャンプからすぐに鉤縄復帰。
☆炎(円状)危 どでかい爆炎を円状に発生させる。ジャンプ回避後すぐに範囲から出る。

怨嗟の鬼の倒し方コツ・攻略

HPゲージ/3本

常にケツに着く(基本)

ケツ辺りはボスの攻撃判定外

怨嗟の鬼の戦う際にはガードや弾きはほぼ必要無く、9割は回避とジャンプで戦います。

ボスの特別な攻撃(大ジャンプや炎などの)以外は必ずボスのケツに常に付いていて攻撃をしていきます。

特にボスが接近し、近距離打撃戦の時こそ全くガードはせずに常に右前へステップをし、ボスの攻撃後の硬直時に攻撃を数発入れていくのが大事です。

また途中でボスがステップを踏んで体制を立て直すが、その時もダッシュでボスに引っ付き再び同じように攻撃していきます。

*この時にボスの攻撃の適正距離に自分がいると怒涛の攻撃ラッシュをくらいます。その前にボスのケツに付くのが非常に大事になります。

このケツに引っ付くというのが怨嗟の鬼戦の基本だと思って次の事も意識していきましょう。

攻撃のチャンスは以下の通り

怨嗟の鬼戦でのこちらの攻撃チャンスパターンをいくつか紹介します。

大ジャンプからの爆炎

ボスが大ジャンプし降下と共に爆炎を起こす攻撃は大チャンスです。

ジャンプした途端にすぐにダッシュで逃げ、爆炎を起こすタイミングでジャンプ回避しましょう。

その時にボスに鉤縄マークが出てくるので、ジャンプ回避の流れで鉤縄ボタンをすぐに押してボスの方へ復帰しよう。

また鉤縄でボスに近づいた際に鉤縄攻撃をすれば必ず攻撃が入ります。更にボスは硬直状態なので2発くらいは攻撃を入れられます。

踏み付け

大きく足を上げてから踏み付ける攻撃は、回避する事が出来たら非常に大きなチャンスです。

踏み付け攻撃後のボスは何やらポーズを決め出すのでその間に4.5発攻撃を入れる事が出来ます。

回避のコツはボスのケツに行くように右前ステップを連打する事でボスの周りをぐるぐる回る事になり簡単に避けれます。

炎(一直線)

ボスが遠方で大きく手をあげたらこの攻撃がきます。

この攻撃後にはボスに鉤縄マークが出るのでダッシュジャンプで避けてからすぐに鉤縄ボタンを押しボスに近づこう。

鉤縄攻撃と着地後1.2発の攻撃を入れる事が出来ます。

炎の玉(追尾)

追尾してくる炎の玉を出してきたら、ダッシュで逃げましょう。

この時は必ず横方向にダッシュして避けましょう。

またこの攻撃後にはボスはポーズを決め出すので、円を書くように横方向にダッシュし少しずつボスに近づく事が出来れば4.5発攻撃を入れる事が出来ます。

*必ず横に移動。真っ直ぐ行くと必ず被弾する。

要注意な攻撃は以下の通り

火の玉(横一列)

モーションは分かりづらく、ある一定距離にいるとほぼ被弾する厄介な攻撃です。

危険攻撃の突進後にこの攻撃をする事が多いので、突進後には無闇に近づかずに距離を取り、この火の玉(横一列)を出したのを確認後に接敵しましょう。

突進(危)

近距離殴り合いの中で急に『』と出るので、エフェクトに紛れて見えづらい時があります。でも仕方ないのでよく見て危険攻撃を対象しよう。

また突進自体は危険の文字が見えればジャンプで簡単に避けられるが、その後の展開が非常に嫌らしいので要注意。

突進後は距離を取られる事となっているので実質ボスのターンになります。

遠距離、中距離が最も怨嗟の鬼の適正距離なのであらゆる攻撃に注意しよう。

炎(円状)

体力ゲージ3本目になると危険攻撃にこの炎(円状)の技が追加されます。

必ずジャンプで回避しましょう。

ただこの攻撃後円状に炎が発生し戦闘エリアを大幅に縮小させられます。

対策としては危険攻撃をジャンプ回避するとともに逃げ、大きく距離を取りましょう。

さらに距離を取ることでボスは炎の中から大きくこちらに向かって飛びつき攻撃をしてきます。

この攻撃も避けた時にようやくこちらのターンになるので最後まで油断せずに注意。


以上が【隻狼/セキロ】内府襲来時の隠しボス『怨嗟の鬼』倒し方・効率の良い戦い方・攻略方法【SEKIRO】でした。

怨嗟の鬼戦では常にずっとケツに付いている大事だが、複数の例外パターンがあるのでその攻撃範囲と回避の仕方などを身体で覚えていく事が非常に大事でしょう。

その他攻略情報一覧

ボス戦攻略一覧はこちら
ストーリー攻略チャート一覧はこちら
スキル・忍び技・義手技・義手忍具など育成要素はこちら
立ち回り・戦術・戦闘のコツ

2019年4月3日Action, 攻略情報隻狼

Posted by KT