『COD BO4』連射ショットガン『SG12 』の性能・おすすめアタッチメント・立ち回り『SG』

FPS, 攻略情報コールオブデューティー ブラックオプス4

こんにちは『ゲームノワダイ』KTです。

今回は『COD BO4(コールオブデューティー ブラックオプス4)の近距離にて絶大な威力を持つ連射ショットガンの『SG12』の威力・性能やおすすめアタッチメント、そして立ち回り方などを紹介していきます。

SG12の性能

  • 武器種/ショットガン
  • 適正距離/近距離
  • ダメージ/***
  • キル弾数/2~3発
  • キルタイム/0.49秒
  • ADS(構え)/0.23秒
  • RPM(射撃速度)/245RPM
  • マガジンサイズ/6発
  • リロード速度/1.75秒

SG12のアタッチメント

  • 拡張マガジン
  • レーザーサイト
  • ステディグリップ
  • マックスロード
  • 拡張マガジンⅡ
  • レーザーサイトⅡ
  • ロングバレル
  • ストロボライト

おすすめアタッチメント1(継戦能力)

  • 拡張マガジン
  • 拡張マガジンⅡ
  • ロングバレル

SG12は致命的に装填数が少なく、出来れば拡張マガジンⅡまで付けておきたい。最低でも拡張マガジンⅠは必ず付けましょう。

またロングバレルを付ける事で威力衰退の距離が伸び着弾数が少なくなり、弾持ちの悪さをもう一歩カバーできます。

おすすめアタッチメント2(特攻隊長)

  • レーザーサイト
  • レーザーサイトⅡ
  • マックスロード
  • 拡張マガジン

この構成はとにかく走り回っていくプレイスタイル向けです。レーザーサイトⅡまで付ける事で腰撃ちの安定性が超上がるので基本的に腰撃ちで立ち回れます。

またマックスロードでパレット数を上げて安定して2発キルを狙っていきましょう。

SG12の上手い立ち回り

SG12は他ショットガンと比べると威力は低いが連射ショットガンなので立ち回り次第では連続キルが簡単に可能です。

この武器を使う際はほぼ全場面で腰撃ちで撃ち合い、逆に腰撃ちでは通用しない距離では撃ち合わない事。そのために常に走り回ってすれ違ったついでにキルくらいの破天荒さが大事になります。ただ1発でも外すとキルタイムが大幅にダウンするので、その際はそのまま走って逃げましょう。

まとめ

  • フルオート
  • 腰撃ち最強
  • 装填数が絶望的…
  • 威力衰退がキツイ…

以上が『COD BO4』SG12の性能・おすすめアタッチメント・立ち回りについてでした。

SG12は走り回る必要があり、立ち回りに慣れが必要な武器なため、ある程度マップを把握した中級者向けの武器です。安定した強さを持ったショットガンを求めるならもう一つのMOG12をおすすめします。

パッチ情報

2018年11月14日

  • ストロボライトの視覚効果を減少 
  • ストロボライトがエイムアシストに与える影響を50%削減

他のショットガンの性能・おすすめアタッチメント・立ち回り

随時更新

MOG 12の性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

COD BO4全武器性能まとめ

COD BO4全武器性能まとめ

TITANの性能・おすすめアタッチメント・立ち回り

VKM750の性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

RAMPART 17の性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

KN-57の性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

VAPR-XMGの性能・おすすめアタッチメント・立ち回り

MADDOX RFBの性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

ICR-7の性能!の性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

SPITFIRE(スピットファイア)の性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方を詳しくはこちら

MX9の性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

SAUG9MMの性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

CORDITEの性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

GKSの性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

SWORDFISHの性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

ABR 223の性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

AUGER DMRの性能・おすすめのアタッチメント・立ち回り方

PARADIN HB50の性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

KOSHKAの性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

OUTLAWの性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

STRIFEの性能・おすすめアタッチメント・立ち回り方

MOZUの性能・おすすめのアタッチメント・立ち回り方

COD BO4おすすめ武器

COD BO4おすすめ武器はこちら

created by Rinker
ソニー・インタラクティブエンタテインメント